多摩丘陵の雑木林

雑木林の低木層に、少ないがある樹木

ネジキ
土壌に薄い丘陵尾根部に稀に生える山地性の低木です。
幹がねじれる特徴があり、5 月頃 釣鐘型の白花をつけます。
林内では目立たず、市内に少ないので保全が必要な種類です。


ナツハゼ
雑木林内に生え高さ 3 mほどで市内に少ない落葉樹です。
初夏に白い釣鐘状の花が咲き、秋に黒く実る山地性の低木です。


雑木林の低木層に普通にある樹木
ヤマツツジ
ツツジは”川崎の花”に選定され、園芸種は広く植栽されます。
自生はヤマツツジのみで北部の山地尾根部で普通にみかけます。
春先に鮮紅色の花が目立つ川崎にふさわしい植物です。


ウグイスカグラ
日当たりの良い林縁で春一番に開花する低木です。
暖冬の年には 12 月から 3 月まで対になった小花を次々と咲かせます。
初夏に実る果汁の多い赤い実を地元ではグミと呼びます。
高津区以北の山地に自生します。


モミジイチゴ
棘のある低木のキイチゴ類は市内に9種があり、林縁にも多いのがモミジイチゴです。
緑色の枝につく葉の形がモミジと似ています。
春早く枝に径 4 pほどの白い花を下向きにつけ、やがて甘く黄色いいちごが実ります。
幸区から北に自生しています。


ウツギ
卯の花と歌われる落葉の低木です。
4 月の終わりに純白の花をびっしりとつけます。
香りはあまりないが昆虫はよく訪れます。
ホトトギスの声と共に多摩丘陵の初夏をかざる花です。


ヤマコウバシ
中原区以北の林内に生える落葉低木で香りがあり、和名となりました。
秋に紅葉した後、枯れた葉が落ちず春先まで枝先に残る特性があります。
春に薄緑の目立たない花をつけ、秋に黒く熟します。
林内で冬に見つけやすく中原区以北に自生の記録があります。


クロモジ
幹の色が黒みをおびた低木で、独特の香りがあり爪楊枝に使われます。
日当たりの良い林縁では4月ごろ黄色い花をつけます。高津区から北の丘陵にあり、利用できるほど太いものは見当たりません


キブシ
市北部の林縁などで早春に黄色い総状の花が垂れ下がる低木です。
この花芽は前年の夏にすでにできています。
花芽と果実が同時につく枝もあります。
自生は高津区以北4区です。


ムラサキシキブ
花も実も紫で人気の高い低木で市内全域の樹林で見られます。
林内が明るくなると実生が急に生長し、増える木です。
人目をひく美麗な実で、5種類の野鳥が採食した記録があります。


コウヤボウキ
落葉低木です。
多摩丘陵の林縁、雑木林の道路法面などに多く見ることができます。
根元から細い枝を多く出し、その枝で高野山で箒にしたことが名の由来になっています。


コアジサイ
市内に自生するアジサイの3種のうち山地性の低木です。
花の周りに飾り花が無く、アジサイらしくありません。
多摩区の林内で5月初めに開花し、少ない植物です。


ハナイカダ
葉の真ん中に花や実をつける珍しい低木です。
高津区以北の林の中や縁にみられます。
4月に花をつけ、雌の木の葉に緑の実がつきやがて黒く熟します。


コクサギ
丘陵の谷部のやや湿った場所に生える低木で、葉に臭みがあります。
葉は2枚ずつが同じ方向につく特徴があります。
中原区以北に生えニリンソウと共生することがあります


ヌルデ
高さは 4〜5 mになる落葉低木です。
日当たりの良い林縁などでよく育ち、全市でみられます。
秋に黄色を帯びた紅葉が鮮やかです。


ヤマハゼ
高さ5mになる落葉低木です。
宮前以北の林内でみられます。
秋の雑木林での深紅が目立つウルシの仲間です。
かぶれることがあります。


マンリョウ
ヤブコウジの仲間で赤い実が正月飾りになる常緑低木です。
19930年代に分布の記録は無く1990年ころから市内全区で生育するようになりました。
野鳥散布で生育地を広げ、高さ1mに生長する木もあります。


センリョウ
高さ1mほどの常緑低木で果実は冬に赤く実り飾りに使われます。
2000年当初中原区と高津区で記録されたが栽培種からに逸出とされます。
高津区では林縁の茂みで実を着けています。
緑の葉に赤い実が好まれるのは万国共通のようです。


ナンテン
自生地は西南日本とされますが、市内の庭によく植えられ、逸出の多い植物です。
難を転じの語や冬の赤い実で人々に親しまれています。
市内で高津区以北の林縁などにみられます。


カマツカ
落葉低木で高さは3mほどです。
葉に多数の細かい鋸歯があります。
秋の紅葉と赤い実が目立ちます


雑木林に増えすぎる低木
シュロ
竹林の縁にも多くみられます。
生長すると幹の先端に花を着け、黒い実が着きます。
鳥散布の植物です。


アオキ
常緑低木で雌雄異株、赤い実が着くのは雌木です。
繁殖力が旺盛で雑木林や常緑林にも多い植物です。


ヤツデ
市内のシイやカシ樹林内で、大型の葉が日光を有効に利用して成長します。
秋から冬に開花結実し、種子は鳥散布で、意外な場所に出現します。

戻る