雑木林の林縁の少なくなっている草本
キンラン
花期4〜5月。草丈30〜60cm。
丘陵の雑木林の林内や林縁に生育します。花が黄色でキンランと名づけられました。
花を多くつけ、花びらが開くので、ギンランなどと比べて華やかに見えます。
黄色い花が目立ち、盗掘されることがありますが、共生菌とともに生育するため持ち帰っても育ちません。
多摩丘陵で比較的の多く見られます。


ギンラン
花期4〜5月。草丈20〜40cm。
キンランに似ているが花の色が白いのでギンランと名づけられました。
キンランよりやや小型で、白い花も開かないで終わります。
雑木林林縁や公園の園路脇や植え込みの中などでも見ることができます。


ササバギンラン
花期5月。草丈30〜50cm。
ギンランに似て白い花を咲かせますが、葉が長くササの葉のようなので名づけられました。
林内、林縁に生育しますが、キンランやギンランよりも生育数は少ないです。


シュンラン
花期3〜4月。常緑のランです。以前は多摩丘陵の処々に見られましたが、栽培のための盗掘により減少しています。


エビネ
花期4〜5月。
草丈30〜50p。
地下茎がエビの尾に似ているついた名と言われている。
観賞用に栽培されることから、盗掘が多く自生地が少なくなっています。
管理されている緑地保全地区や民家の屋敷内に散在しています。
常緑性のランで、花の色は変化が多い。


サイハイラン
花期5〜6月。
草丈30〜50p。
花茎に20〜30個の花をつける様子を采配に見立て名づけられました。
葉はほとんど1枚葉です。
薄紅色の花を横向きに咲かせますが花の色は変化が多い。


リンドウ
花期 10月〜11 月。丘陵の草原や水田周辺に紫色の鐘形の花を咲かせます。
秋を代表する花の一つでしたが、減少が著しく、川崎市内では 2、3 ヶ所での確認になりました。


コケリンドウ
花期 4〜5 月。草丈が 3〜10cm と小さなリンドウです。
林縁の日当たりのよい草地に生えますが、川崎市内では生育地は僅かです。


フデリンドウ
花期3〜4月。
草丈6〜10p。
早春に咲く小さなリンドウです。
茎の先に1個〜10個も花をつける様子を筆と見立てた。
日に当たったときに花を開きます。
多摩丘陵北部で見られるが、少ない。


イチリンソウ
花期4〜5月。草丈 15〜25cm。ニリンソウに似ていますが、茎の先に直径約 4pの花を1個つけます。
花が終わり実をつけると枯れ、他の植物が生えるころ姿を消します。


ヤマユリ
花期6〜7月。丘陵に自生する日本特産のユリです。強い芳香があり、大きな花を多く咲かせることもあります。
花弁には黄色の筋と赤い斑点があるのが特徴です。
観賞用に栽培されているので、盗掘されたり、また開発により生育地が減少しています。
神奈川県の県の花になっています。


ニリンソウ
花期 4〜5 月。草丈 15〜20cm。地下茎で増えるので、丘陵の林縁や林内に群生することが多い。
1 本の茎にだいたい 2 個の花をつけるのでニリンソウと名がつきました。
花弁はなく、白い萼片が花弁のように見えます。


オガルガヤ
花期9〜10月。
草丈60〜100p。
丘陵や土手などやや乾燥したところに生えるイネ科植物です。
川崎市内では北部の一部だけに見られ確認数は少ない。


ヒトリシズカ
花期3〜4月。
草丈15〜30p。
1個の花穂が白く清楚なことから静御前の名をもらったといわれれる。
丘陵の林内、林縁に生える多年草。
1990年代には川崎市内多摩丘陵で各区で確認されていますが、最近は姿を消しつつあり、管理されている緑地にわずかに残っているだけになりました。

カントウカンアオイ
花期10〜2月。
タマノカンアオイに似ていますが、花の咲く時期が違います。
山地、丘陵に生える常緑の多年草。
分布は関東南部から近畿地方の太平洋側です。
川崎市内では北部丘陵に見られますがすくない。

ヤマネコノメソウ
花期3〜4月。
草丈10〜20p。
湿った林縁、林内、草地に生える多年草。
「山猫の目草」の意で、果実が裂開し種子が見える様子を猫の目のように見えることから名がついたといわれています。
川崎市内では少ない。

レンプクソウ
花期3〜5月。
草丈10〜20p。
林内、林縁に生える多年草。
この地下茎がフクジュソウに連なっているのを見た人が名づけたといわれています。
神奈川県内でも希な植物で、川崎でも丘陵北部林縁に小群生しています。


ウメガサソウ
花期6〜7月。
高さ10〜15p。
やや乾燥した林内に生える小さな常緑の小低木です。
川崎市内では丘陵林内で見つかりましたが、1か所だけで他での確認はされていない。


川崎でも、まだよく見られる場所が残っている草本

ホタルブクロ
花期 6〜7 月。草丈 30〜60cm。
花の時期は鐘型の大きな花をぶら下げるので、丘陵の林縁や崖などでよく目立ちます。
地方名ではチョウチンバナ、トックリバナ、ツリガネソウなど花の形の特徴を表している名が多い。
花の色は白色から淡い紅紫色など様々です。


ヤマルリソウ
花期 3〜5 月。草丈 7〜20cm。
丘陵の林内や道端に大きな株を作り、地面を這うように花を次々咲かせています。
花は園芸種のワスレナグサに似ています。市内での自生地は少ない。


ノアザミ
花期 5〜7 月。草丈 50〜100p。初夏に咲くアザミです。
丘陵で普通に見られます。アザミは総苞片の形で見分けますが、ノアザミの総苞片は反り返らず、直立した形です。
粘液を出し、粘るのが特徴で触るとべとつきます。


ノハラアザミ
花期 9〜11 月。秋に咲くアザミです。
花の時期に根性葉(根元の葉)が残るのが特徴です。
総苞片は斜上しています。花は枝先に2〜3個上向きに咲かせます。
丘陵の草地や田圃の近くに生えますが、生育地は少ない。


タイアザミ
花期 9〜11 月。別名トネアザミ。
丘陵の林縁、草地に生え、秋のアザミで多く目にすることのできるアザミです。
総苞片が反り返り、花も多くつけます。
根生葉は花の時期は枯れます。


ヤマホトトギス
花期 8〜9 月。草丈 40〜70p。
林内、林縁に生えます。
花を上向きにつけ、花びらが上半分を反り返らせるのが特徴です。
多摩丘陵で多く見ることができます。


キランソウ
花期 3〜5 月。別名ジゴクノカマノフタは茎を地面に張り付くように広がることによる。
早春から5月頃まで丘陵の林縁や道端、石垣などにへばり付くように咲いているのが見られます。
丘陵、市街地、臨海部埋立地など川崎市内広く生育しています。


キツネノカミソリ
花期8〜9月。
細長い葉の形をカミソリに見立てた。
彼岸花の仲間で、早春にスイセンのような葉を出しますが、花が咲く時期には枯れます。
葉が枯れた後花茎をのばし花を3〜5個つけます。
丘陵林縁や畑の周りなどに鮮やかな花の色で群生することが多いので、目立ちます。


フタリシズカ
花期4〜6月。草丈30〜60p。
山地に生えるヒトリシズカに対して、花穂は2個付くので名がつきましたが、花穂を1個から数個つけるものもあります。
多摩丘陵で普通に見られます。


カシワバハグマ
花期9〜10月。草丈30〜70p。
中央部に集まってつく葉がカシワの葉に似ていることから名づけられました。
茎の先に白い花を数個つけます。
雑木林の林内、林縁に生え、川崎北部の丘陵で見られます。


ナンバンギセル
花期8〜9月。丈15〜20p。
寄生植物でススキ、ミョウガなどに寄生します。
茎のように見える花柄の先に横向きに赤紫色の花をつけます。
この形がタバコを吸うときのキセルに似ていることから名づけられました。
ススキの根元に群生していることもあります。
別名思い草で万葉集にも歌われています。


ノササゲ
花期9〜10月。つる性のマメ科の植物です。
黄色の花をつけ、11月頃、紫色の豆果になり、熟すと鞘がはじけ、中から黒紫入りの豆を鞘の淵につけていま。
林内、林縁の他の植物に絡まって伸びています。


トキリマメ
花期8〜9月。つる性のマメ科の植物です。
黄色の花をつけ、豆果は赤い鞘になります。熟すと中から黒い光沢のある豆をだします。
赤と黒の色合いが目につきます。
林縁の他の植物に絡み伸びます。  


ヤブマメ
花期9〜10月。つる性のマメ科の植物です。
花は白色に花弁の先が紫色の2色です。
豆果は扁平で黄緑色から熟すと茶色になり中に扁平な種子が入ってます。
林縁の他の植物に絡み、よく茂っています。


ホウチャクソウ
花期4〜5月。草丈40〜60p。林縁、林内に群生することがあります。
茎が分枝することが特徴です。
枝先に薄緑白色の筒状の花を2個つけます。


ノコンギク
花期10〜11月。野に咲く紺色のキクの意味です。
花の色は濃い紫入りから白に近い色までいろいろです。
葉に短毛がありざらつくこと、花に冠毛があることで他の野菊と見分けられます。
丘陵の乾いた草地に生えます。


シロヨメナ
花期9〜10月。草丈50〜70p。花が白い野菊です。
丘陵の林縁や道の斜面などに生えています
葉は長さ10p程の楕円形で鋸歯があり、3本の脈が目立ちます。花の冠毛は短い。


ユウガギク
花期9〜10月。
柚香菊の意味と言われるがあまり香りはしない。
林縁や湿り気のある草地に生えています。
葉は変化が多いが茎の下方につく葉は羽状に切れ込みます。
花をつける枝は細く横に広がります。
花の冠毛はごく短く目立ちません。


キバナアキギリ
花期9〜11月。草丈20〜40p。
黄色の花がキリに似ていることから名がついたといわれています。
林内、林縁に群生することが多い。
茎の先に花穂を出し、段々に花をつけていきます。
川崎市丘陵北部に多く生えています。 


イチヤクソウ
花期6〜7月。
草丈16〜20p。
林内、林縁に生える常緑の多年草ですが多摩丘陵北部に生えていますが少ない。
全草を乾燥させ薬用にしたことから名がついた。


オカトラノオ
花期6〜7月。
草丈60〜100p。
白い花たくさんつけた花序がトラの尾に見えることから名前がつきました。
地下茎をのばして増えることから群生することが多く、多摩丘陵の多く見ることができます。
日当たりのよい林縁に生えています。


タマノカンアオイ
花期4月〜5月。
草丈10p。
多摩丘陵の林縁に生える多年草。
花は基部につき、落ち葉に埋もれた状態で咲きます。
基準産地は橘樹群登戸となっているので、現在の生田緑地当たりの標本で、タマノカンアオイと命名されたと考えられています。
分布は関東以西ですが、多摩区、麻生区、宮前区の1部に限定的に生育してます。


トキホコリ
花期9〜10月。
草丈10p。
気まぐれに生育地を移動するので、トキ(時)にホコル(誇る)の名がつきまた。
山野の路傍や湿ったところに生える1年草です。
昭和初期には庭に普通にありましたが、今は川崎市内一部の地域に生えていますが、生育地は時に移動しています。
神奈川県内でも数か所しか見られません。
減少の原因は宅地開発による土地の乾燥と考えられています。


カタクリ
花期3月下旬〜4月中旬。
草丈20〜30p。
林内に群生する多年草。
里山に早春を告げる代表的な植物の1つで、かっては多摩丘陵に広く見られていましたが、雑木林の放置や開発などで絶滅したと思われていました。
近年管理されている緑地保全地区に生育が確認され、年々株数を増やし、早春に花を咲かせています。


カントウタンポポ
花期3〜5月。
草丈20〜30p。
在来のタンポポで根生葉で冬を越し、春に花茎をだし黄色の花を咲かせます。
花を包む総苞片が反り返らないのが特徴です。
市街地ではセイヨウタンポポに押され、見られなくなりましたが、開発されていない丘陵地では多く見ることができます。
種は綿毛になり、晴れているときにのみ飛ばします。


アズマヤマアザミ
花期9〜10月。
草丈80〜120p。
関東地方の山地に生えるアザミの仲間で、頭花は横向きにつきます。
総苞は細く、総苞片は反り返らない。
多摩丘陵では希で川崎で見られるのは珍しいことです。


ヌスビトハギ
花期8〜10月。
草丈60〜120p。
平地、丘陵、路傍など広い範囲に生えています。
果実が盗人の忍び足の形に見立ててついた名前です。
花は細長い花序にまばらにつき、群生することが多い。
果実は二つに分かれ、表面に毛があり衣服などにについて運ばれます。


雑木林 林縁 つる性木本
ハンショウヅル
花期5〜6月。
雑木林林内、林縁に生えるつる性の低木です。
下向きに咲かせる花の形が半鐘のようなことから突いた名前です。
花の後綿毛になるのも特徴的です。


サネカズラ
ビナンカズラともいう木本の常緑つる植物です。
林内の地面で生育し日当たりが良くなると開花し、粘り気のある実をつけます。
人家で生垣にもするが自生は市の中部以北です。


スイカズラ
花期 5〜6 月。つる性本木。
花は葉の付け根に、2 個ずつ咲かせよい香りがします。
白色からだんだん黄色に変わることから、金銀花とも呼ばれています。
冬も葉を残し内側に巻くことから忍冬(にんどう)の名前もあります。
林縁で他の植物に絡まって伸び、花を咲かせています。
多摩丘陵、多摩川河原でも確認されています。

つる性の常緑木本で全市にみられます。
春に蜜をためた香りの高い筒型の花が咲きます。
この密を吸い取ると甘い事で名が付きました。


ツタ
落葉のつる植物でナツヅタともいいます。
茎に小さな吸盤があり、石や木の幹、壁などに攀じ登ります。
秋の紅葉は鮮やかな赤です。


キヅタ
常緑のつる性木本植物で市全域に生育し、樹林内では地面で増えます。
気根をからめて他の木に攀じ登り高さ7〜8mに達し、樹幹を被い尽くすこともあります。


アズマイバラ
ノイバラに似た落葉低木で葉の付け根の托葉で見分けます。
市北部に自生があり花はまばらにつきます。
赤い実も数は多くありません。


センニンソウ
花期 8〜9 月。つる性の半低木。
日当たりのよい林縁や道端に生えています。
他の植物を覆うようにつるを延ばし、白い花を多くつけます。
花の後、果実の先に綿毛をつけ、それが仙人のひげのようなことから名前になりました。
多摩丘陵に多く生育しています。


雑木林 林縁 キイチゴ

フユイチゴ
常緑のつる性のキイチゴでツルの長さは2〜3mです。
秋に花が咲き初冬にいちごが赤く色づきます。
川崎市内では麻生区の林縁に生えるがとても少ない植物です。


ニガイチゴ
キイチゴ類の低木で高さ70p、よく枝分かれします。
葉や茎に棘が多くやぶとなります。
春に白花をつけ、やがて固い実ができます。
中原以北の日当たりの良い林縁でみられます。


クサイチゴ
高さ50pほどで草のようにみえるが低木です。
全市で草原などに生えて一面に広がり、花の時期は白くてきれいです。
果汁の多い赤いいちごを実らせます。


クサボケ
草の名がついているが高さ60pの棘のある小低木です。
幸区以北の林縁や草原でみられます。
刈り取り草原では10pほどの株に赤く目立つ花を着けています。


ツルグミ
長いつるを伸ばす木本低木のグミです。
葉の裏には茶色いうろこ形の毛がびっしりとつきます、秋に花をつけ、春に固い実がみのります。
川崎全区で林縁や茂みでみられます。


雑木林の林縁に咲くスミレ

アカネスミレ
花が紅紫色、茜色なのでこの名前がつきました。
全体に毛が多くあるのが特徴です。
日当たりのよい林縁などに生育しますが、川崎市内の多摩丘陵では少ないようです。


オカスミレ
アカネスミレと似ていますが、毛のない変種です。アカネスミレと混生していることが多いが生育地は少ない。


ツボスミレ
白い小さな花をつけます。白い花びらに紫色の筋が目立ちます。
やや湿った草地や林内に生育し、群生しています。
4月〜5 月、スミレの中で最後に開花します。


コスミレ
コスミレといっても決して小さくなく、葉を数多く束生、大株になり、淡紫色の花をたくさんつけます。
人里近くに見られます。


アオイスミレ
葉が丸く、フタバアオイに似ているので、名前がついたといわれています。
3月中旬、木々が芽吹く前に他のスミレに先駆けて花を咲かせます。花は淡紫色で、やや地味です。
花が終わると葉が大きくなり、根元に丸い閉鎖花をつけます。多摩丘陵に点在しています。


ヒゴスミレ
細く避けた葉の形に特徴があり、ほぼ完全に5つに裂けます。花がないとスミレとはわかりにくい。
花は白色で、日当たりのよい草原に生育しますが、川崎では一か所だけで確認されています。


マルバスミレ
丸みのある葉と白色の花が特徴です。全体に毛が多く、ケマルバスミレと呼ばれていました。
雑木林の林縁などで見ることができます。


タチツボスミレ
スミレの中では一番接する機会が多く、どこでも見られるスミレです。早春の日当たりのよいところに
咲きはじめ、5月頃まで咲き、花期の長いスミレです。茎立ちするのが特徴で、花が終わると草丈を伸ばします。


ナガバノスミレサイシン
葉の形が細長く、やや大きめ目の淡い紫色の花を咲かせます。半日陰のような湿った環境に生育し、3月下旬に咲き始めます。



雑木林の林縁の昆虫

オオミズアオ
翅を開くと10cm内外になる大きな蛾です。
幼虫はサクラやモミジ、クヌギなどで育ちます。
5 月から 8 月頃に成虫になり、主に夜間雑木林の林縁などをゆったりと飛んでいます。
また、樹林のある大きな公園でも見ることができます。


スジグロシロチョウ
モンシロチョウとよく似ていますが、しっかり黒くなる翅脈が目立ちます。
前翅の中央付近の黒い紋は、上下の脈に届き四角っぽいです。
また、後翅裏面の基部に濃い黄色の小さな紋があるのも特徴です。
林縁などやや日陰を好みます。


ウスバカゲロウ
幼虫は有名なアリジゴクで、砂地にすりばち状の巣を作って落ちてくる小昆虫などを捕食します。
成虫は夏に現れ、市内では主に丘陵地に見られます。
神社の縁の下に巣をつくることが多く、成虫もそうした建物の周囲の森などに見られることが多いです。


クロコノマチョウ
幼虫は主にジュズダマの葉を食べます。
南方系の種で、近年北上傾向にあるジャノメチョウの仲間で、川崎に入ったのは1990年代です。
成虫は夏と秋の年2回発生し、主に薄暗い樹林地に見られ、成虫で冬を越します。


トラマルハナバチ
里山の土中に巣をつくるハナバチです。長い舌を持っているので、蜜腺の深い野草を特に好み、蜜や花粉を集めます(写真の花はキバナアキギリ)。
市の北部の近くに樹林がある地域では、夏場を中心に市街地の花壇にも姿を見せます。


アオハナムグリ
晩春から初夏に現れるコガネムシで、市内では北部の丘陵地に生息します。
白い花を好み、ミズキ・クリなどの樹花のほか、ハルジオンなどの外来雑草や園芸種の花にも来て花粉や蜜を食します。


エゴヒゲナガゾウムシ
夏季に丘陵地に出現する小型甲虫。成虫はエゴノキの実に特徴ある丸い噛み傷をつけ産卵し、幼虫は実を食べて成長します。
特に雄は頭部が牛の顔のような形状で、ウシヅラヒゲナガゾウムシという別名があります。
たまたま雄と雌が同じ実に止まっているところを撮影することができました。


マメコバチ
早春に丘陵地に出現し、特にクサイチゴの花を好み、花粉や蜜を集めます。
かつてはかやぶき屋根に営巣し、里山に普通に見られるハナバチでしたが、樹木・木でできた工作物の穴などにも営巣します。
東北地方などではりんごの授粉に現在も使われています。


ルリモンハナバチ
幸せを呼ぶ青い蜂、として知られ、夏季に丘陵地に現れます。
ハナバチの仲間は花粉や蜜を集めて幼虫の餌として巣穴に蓄えますが、この種類はじつはスジボソフトハナバチという他種の巣に侵入・産卵し、孵った幼虫は宿主を殺し餌を横取りする、という労働寄生の生態を持っています。そのため成虫は蜜を吸うだけで、花粉を集める器官(発達した体毛など)を持っていません。野生草花・園芸種問わず飛来しますが、青・紫系統のシソ科を特に好むようです。


クツワムシ
晩夏から初秋に出現し、夜行性でガチャガチャと大きな声で鳴きます。
昨今都市近郊で減少が著しく、多くの都県でレッドデータブックに収録されています。
市内では麻生区に生息します。
【RD】県の要注意種


ハヤシノウマオイ
スイー・チョンと鳴く虫として知られ、盛夏から初秋、夜間藪の中で見られます。
主に丘陵地に生息し、優美な姿に反して肉食です。


ナキイナゴ
ススキ草地に初夏に出現するバッタ。
オス(写真)は天気の良い日に葉の上で縄張りを誇示して発音し、メスは翅がほとんどなく、枯れ草色で目立ちません。
市内では麻生区の丘陵地で見つかっています。


クルマバッタ
トノサマバッタに似ていますが、飛んだとき後翅が濃い黄色、しかも鮮明な黒い紋があるのが特徴です。
胸部が盛り上がる、眼の周囲に隈取り斑、前翅の帯紋など、細かく見ると異なっています。
写真は緑色型で、褐色型もいます。
シバ型草地に生息し、市内ではトノサマバッタに比べて大変分布が狭く、麻生区の丘陵地に残っています。
河川の草地などにはクルマバッタモドキという近似種がいるので、注意が必要です。


ヒラタグモ
建造物の周囲に多いので、生田緑地では、東屋や木製の標識などで、住居を見ることができる。
住居は直径5mmから2p位の白色の円盤状で、その中に住む。
住居の周囲に、放射状に数本の、獲物をとる為の受信糸を引く。
昆虫が、受信糸に触れると、住居から飛び出し捕える。


雑木林の林縁のシダ植物
ゼンマイ
明るい林縁にふつうに生え、しばしば群生します。
春になると、まず胞子を付ける葉を出します。続いて胞子を付けない葉が開きます。
この葉の若芽は食用にします。葉の長さは 1.5 mにも達し、冬には枯れます。
川崎市では全区に生育しています。


ウラジロ
葉の裏が白いことからこの名が付きました。正月飾りに使用します。
福島〜新潟以南の暖地の斜面に群生するシダですが、川崎市では 1 区 1 ヶ所でのみ確認されています。
ウラジロが生育していることは川崎市の自然の多様性を示しています。


マメヅタ
長さ 1.5 cm くらいの丸い葉と長さ 3 pくらいの細長い胞子を付ける葉があり、空中湿度の高いところの石垣や樹幹に着生します。
川崎市では北部 4 区の森林が残されている場所で確認されています。


カニクサ
シダ植物では珍しく葉がつる状に伸びて、他の植物などに絡みつきます。
長さが数mに達することもありますが、これは一枚の葉です。
日当たりのよい雑木林の林縁などに生え、川崎市では全区で見られます。
子どもがカニを釣って遊んだことから「蟹草」と名付けられ、つるでリースや籠を作るほか生薬としても用いられています。


オウレンシダ
葉の長さ30pほどの夏緑性のシダで、細かく切れ込んだ柔らかくかわいい葉をつけます。
山地や石灰岩地域にみられ、敷石のすき間にも生えます。
川崎市では北部2区でわずかに確認されています。


ホシダ
葉の長さ80cm前後の常緑性のシダで、全体に毛があります。
葉の先端が穂のように伸びるのでこの名が付きました。
根茎は長くはい群生します。
丘陵地の日当たりのよい林縁や道端に生育し、川崎市では全区で確認しています。


ワラビ
葉は長さ1.5mにもなる大型の夏緑性のシダです。
身近なシダで昔から食用にしたり、根茎から澱粉(わらび粉)をとりました。
丘陵地の明るい林縁に生え、川崎市では北部4区のみで確認しています。


ヘビノネゴザ
葉の長さ50cm前後の夏緑性のシダです。
葉を四方八方に広げた姿が、蛇が寝るのによい場所であるとの連想から和名が付きました。
丘陵地の明るい林縁に生え、川崎市では川崎区以外の6区で見られましたが、2000年以降は北部4区のみで確認しています。


雑木林の林縁 生田緑地 石垣

コタニワタリ
葉の長さ20〜50cm。温帯気候を代表するシダ植物で、ふつうは標高1000メートル以上の温帯林の林床に生育します。
局所的とはいえコタニワタリが生えているという事は、川崎市内に多様な環境が残されていることを表しています。
【RD】神奈川県絶滅危惧IA類 (CR)


クモノスシダ
石灰岩地に多いシダ植物ですが、川崎市では石垣に生育しているのを確認しています。
葉の長さ5〜15pで、岩に着生し葉を四方に伸ばします。長く伸びた葉の先に不定芽が出来て着地し、新しい株になります。
写真には丸い葉を 4〜5 枚付けた子株がいくつも写っています。このような姿を蜘蛛の巣になぞらえてクモノスシダと名づけられました。


ゲジゲジシダ
葉の長さ20〜50cmの夏緑性のシダで全体に毛が多く、葉が切れ込む様子が節足動物のゲジゲジに似ていることから名付けられました。
多摩丘陵のやや明るい林下から日当たりのよい林縁、崖、石垣に群生する様子がふつうに見られます。加瀬山のある幸区と北部4区で確認しています。


トラノオシダ
葉の長さが20cm前後の小型の常緑性シダです。
根元から地面に広がる葉と、細長く直立して胞子を付ける葉を出し、全体として花束のような形の株を作ります。
この立ち上がった葉が虎の尾に見えるのでこの名があります。
川崎市では全7区に生育し、丘陵地の日当たりのよい崖地や石垣のほか路傍や生垣の下などにも生えています。


コモチシダ
日当たりのよい崖に生育し、長さ2mにもなる大型の葉が垂れ下がります。
葉面に無性芽(子苗)を付けることから名付けられました。
その様子を一度目にしたら、コモチシダの名を忘れることはないでしょう。
川崎市では北部3区で確認されています。

戻る