川崎の生きもの(多摩川河口)

多摩川河口の植物
ジョウロウスゲ
護岸整備された河口域でも、度々氾濫があることでジョウロウスゲ(国絶滅危惧II類、県絶滅危惧IA類)などの植物が生育することがあります。


多摩川河口の海浜性植物
河口の先端では海岸性植物がみられるが、台風などの影響を受けやすく、生育が不安定です。

河口

(左)ハマヒルガオ、(右)ツルナ


多摩川河口の塩生植物

多摩川河口は川崎側に上流からの砂泥が堆積し、干潟が形成されています。
海水が混ざり塩分濃度の高い土地に生育する植物が生えています。

イセウキヤガラ(カヤツリグサ科)
満潮時には水中に生えているのを見ることができます。

ウラギク(キク科)
浦菊、別名ハマシオンで海岸に生えているキクの意です。近年減少しています。

アイアシ(イネ科)
葉はアシの似ていますが果穂が違います。アシと混生しています。


ハマボウ
海岸、河口塩生地生える落葉低木です。
神奈川県では三浦半島に自生してますが、多摩川河口塩生地にもあり、樹高葯3m、毎年7〜8月に花を咲かせています。
川崎が自生地の北限になり、神奈川県の天然記念物になっています。
川崎のハマボウも県の天然記念物になっているのか?
※県の絶滅危惧IA類


ウシオハナツメクサ
花期4月〜6月。
ヨーロッパ原産。
茎は根元からよく分枝して、株を作り地をはう。
茎の先に薄紅色の5弁花をつけます。「潮ツメクサ」で海岸に生えるツメクサの意です。
花は日が当たらないと開花しません。
※外来種


ホソバハマアカザ
花期8〜10月。
草丈30〜60p。
名は海岸に生える葉が細いアカザの意です。
多摩川河口の塩生地に生えています。
神奈川県内では多摩川河口と三浦海岸に見られます。


多摩川河口の水辺の野鳥
近年多摩川河口のカモの中でスズガモの占める割合が増えてきました。
キンクロハジロ
(大きさ45p)
冬鳥です。多摩川に生息しています。
河口域は数が多く200羽前後の群れが観察されることもあります。
オスは頭の黒い飾り羽が目立ちます。

スズガモ
(大きさ47p)
冬鳥です。多摩川河口域で多く見られます。
一度に300羽以上の群れに出会うこともあります。

(左)スズガモ(オス)、(右)スズガモ(メス)

ホシハジロ(大きさ45p)
冬鳥です。
オスは茶色い三角のおむすびのような頭が特徴です。
河口では40~50羽の群れになり水に浮いていることがあります。


ウミアイサ(大きさ55p)
冬鳥として稀に見られます。
水に潜り餌をとります。


ダイサギ(大きさ100p)
留鳥です。
大きい白いサギです。
夏は黒いくちばしですが、秋から冬になると黄色のくちばしになります。
婚姻色は目とくちばしの間が青緑色になります。


ソリハシシギ(大きさ24p)
春、秋の渡りの季節に多摩川河口などにやってきます。
水辺をちょこちょこ走り回りそっているくちばしで水辺をつつき餌をとります。


キョウジョシギ(大きさ23p)
春、秋の渡りの季節に多摩川河口を訪れるシギの仲間です。
夏羽はシギの仲間では一番派手な色をしています。
くちばしで石をひっくり返したりして下に隠れている虫やカニをとります。


ハマシギ(大きさ20p)
春、秋の渡りの季節にやってきます。
稀に冬期や中下流でも見ることができます。
近年少なくなっています。
夏羽はお腹が黒く、冬羽は背が灰色で地味になります。


メダイチドリ(大きさ20p)
春、秋の渡りの季節に多摩川河口の干潟を訪れるチドリの仲間です。ちょこちょこと走っては立ち止まり、泥の中に潜んでいるゴカイなどを引っ張り出して食べます。

チュウシャクシギ(大きさ42p)
春、秋の渡りの季節に多摩川河口の干潟を訪れるシギの仲間です。ここを中継地にして餌をとり、春には繁殖地、秋には越冬地に飛んでいきます。写真はカニを取ったところです。

キアシシギ(大きさ25p)
中型のシギです。多摩川や中小河川でも見られることがあります。春、秋の渡りの季節を中心に岸辺などで餌を探していることがあります。


ウミネコ(大きさ45p)
留鳥です。多摩川河口で見られます。
カモメの仲間は皆似ていますが、これはくちばしの先が赤と黒の二色です。
「ミャーミャー」とネコのような声で鳴くので、ウミネコと名前が付いたようです。

ミサゴ(大きさオス54p、メス64p)
留鳥ですが秋から冬にかけて見られます。数は多くありません。
河口域では脚から水に突っこみボラなどの魚を捕え杭の先などにとまって食べているのが見られることもあります。
英名オスプレイはアメリカの軍用機の名前につけられています。
【絶滅危惧】環境省準絶滅危惧(NT)


多摩川河口の野鳥
オオジュリン(大きさ16p)
毎年冬鳥としてヨシ原にやってきます。多摩川中下流域で見られますが、河口に多いようです。
枯れたヨシにとまって茎の中にいる幼虫を食べます。


オオヨシキリ(大きさ18p)
春から夏にかけて多摩川で見られますが、ヨシ原の面積が広い河口域に多いです。
大きく口を開けて「ギョギョシ、ギョギョシ」と特徴的な声でさえずります。これを聞くと、夏が来たな〜と思われます。


多摩川河口の砂浜、ヨシ原
多摩川河口のヨシ原
河口にはヨシの茂みがあり、砂浜にはチゴガニ、アシハラガニなどのカニ類が棲息している。



(左)チゴガニ、(右)アシハラガニ


(左)クロベンケイガニ、(右)ヤマトオサガニ

コメツキガニ
干潟の砂地に穴を掘って住んでおり、潮が引くと盛んに歩き回ります。
写真は、雄同士がなわばり争いをしているところで、まるで砂の土俵で相撲をとっているかのようです。
チゴガニの「ダンス」とコメツキガニの「格闘」は、コアジサシの魚のハンティングと同様、魅力的な海の生き物のシーンのひとつだと思います。
工業都市である川崎は、よその土地の人から見たら、コンクリート護岸だけで、自然の海の生物などいない、と思われていることがあります。
隣の横浜には人工海浜しかありません。
多摩川があることで、東京や川崎には干潟を中心とした海辺の生き物がいることは大切なことだと思います。


トビイロヒョウタンゾウムシ
川崎では数少ない本来は砂浜に分布する昆虫で、多摩川河口部に生息しています。
体の色模様も砂とそっくりです(但し、畑や公園の土の上にも、やや類似の種がいますので要注意)。


多摩川河口の昆虫

キイロホソゴミムシ
干潟のヨシ原に生息します。
神奈川県では川崎から初めて見つかりましたが、最近は堤防下の環境変化により確認が難しい状態です。
三浦半島からも発見されました。
【絶滅危惧】環境省絶滅危惧IB類

戻る